ブログ・コラム

マーケティング

2016.11.14

インサイドセールスとは

インサイドセールスとは何か?

インサイドセールスとは、電話やメール、FAX、DMなどお客様に対面しない手段を通じ、コミュニケーションを取る営業活動のことを言います。

とくに、近年では電話によるインサイドセールスが再注目され始めています。

対面営業とインサイドセールスをどう使い分けるか・・・

受注に近い案件化している見込み客に対しては対面営業で
受注にまだ遠く今すぐ案件化しないお客様や、、企業リストを購入してまだ自社と繋がりのないお客様にアプローチする際にはインサイドセールスで

とターゲットによって使い分けることが重要です。

なぜ今ニーズが高まっているのか?

安価なクラウドサービスの台頭

以前は何百万のコストをかけなければ実現しなかったIT化が現在では月額数万円で実現可能になりました。

企業における人手不足の問題

なかなか採用の人数も増やせないため、少人数で多くの顧客をカバーする必要があります。
効率よく営業活動を行うにはどうすればいいか。
その答えがインサイドセールスなのです。

まとめ

今後、このインサイドセールスは日本で爆発的に伸びると考えられます。
まず、成果の分かりやすさ。そして、営業の効率アップや売上アップの見込みの高さ。
少人数で効率よく営業活動をしていく新たな手法としての可能性の大きさ。
組織全体での営業力の向上に参考にして頂けたら幸いです。

2016.11.04

話題の「中国越境EC」に向いている商品とは?

越境ECとは、「海外に販売するためのネットショップ」のことです。
最近は、インターネットの普及によって、個人でも海外の商品を直接買うことができるようになってきました。

そんな話題の越境ECですが、特に注目しておきたい国が中国といわれています。
いま、中国ではメイドインジャパンが注目されており、魅力的な商品が日々口コミやインターネットなどを通じて紹介され、新たな需要が生まれています。

なぜ、今越境ECが話題になっている?

中国向けの越境ECが注目されている理由として、

  • 中国で購買力を持つ消費者層がどんどん拡大してきていること
  • 中国国内のネットショップ市場が急成長していること
  • 越境ECへの参入を円滑にできる仕組み・ツールが増えてきていること
  • 2020年開催のオリンピックで、日本製品が注目される機会があること

上記のような項目が挙げられます。

2015年の流行語大賞にも選ばれた「爆買い」という言葉がありますが、最近では日本を訪れる中国人観光客が減少し、この勢いがおさまってきている傾向です。しかし、これは日本製品への購買意欲が減少したわけではなく、中国国内から日本の海外向けECサイトからの商品の購入にシフトしている、と分析されています。

中国向け商品にはどんなものが向いている?

高品質が特長の日本製品は、中国の消費者から根強い人気があります。生活習慣や価値観も似ているためメイド・イン・ジャパンは受け入れられやすく、少々値段が高くても購入されていて、欧米の商品以上に人気があるといわれています。

具体的には食料品・飲料品・健康食品などの口に入れるもの、化粧品・美容品などの肌に触れるもの、家族の宝とされる赤ちゃん関連のベビー用品、その他家電や日用消耗品、アクセサリ等があげられます。上記に挙げた以外でも、日本製品には安心・安全・高品質、というイメージがを持たれ、好まれる傾向にあるといいます。

また、中国国内の商品はコピー品などのいわゆる"ニセモノ"が多いことや、海外製の商品の方がバラエティが豊富だったりすることが、越境ECでの購入を後押しする理由になったというデータもあります。

これから盛り上がっていく中国越境EC

中国で現地法人を立ち上げる必要がなくなったことや、日本企業の中国進出が容易になった結果、再度「中国越境EC」に注目が集まりました。今年以降、中国越境ECに対する注目度・関心度は上がっていくでしょう。

そんな中、中国向けの販売に興味がある方向けに「越境EC」のセミナーが沼津で開催されます。

インターネットマーケターとして、楽天市場などの出店企業支援100社以上、支援店舗での楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー受賞店舗多数を誇る株式会社ミションの福井秀延氏をお招きし、ワンストップで中国への配送・決済できる仕組みや、中国への展開方法の情報を提供してもらうセミナーです。

11/16(水)・沼津開催
中国進出の課題をワンストップに解決する
安心安全な越境EC解説セミナー

セミナーでは、こんな内容をお伝えします

 越境ECが急拡大した背景と中国EC市場の今後
 越境ECで不可欠な3要素と国内メーカーの課題
 中国越境ECの展開方法 中国EC企業と業者比較
 いまからすぐできることは?
 中国越境EC成功事例と失敗パターン

2016.10.31

失敗から学ぶテレマのコツ

テレアポをおこなっていて、「思うように成果が出ない」という経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。

電話で冷たくされたり、時には怒鳴られてしまうなんてことも・・・

そんなことが続いていくとどんどんテレアポが嫌いになってしまいます。。

上手くいくときといかない時は何が違うんだろう??と自分なりに考えてみました。

事前準備が足りていなかった

  • 台本をしっかりと作っておく。
    ながながと要領を得ない電話は仮に自分が出てもイライラしてしまいますよね。
    仕事の最中に手を止めて話を聞いて頂くことになるので伝えたいことを短時間でシンプルに伝えられなければなりません。
  • 電話を掛けるお客様の情報をしっかり把握しておく。
    当たり前のことなのですが何社も電話していると「あれ?社長様の名前はなんだっけ??」と、とっさにわからなくなってしまう時があります。
    やはり「ご担当者様いらっしゃいますか?」よりはしっかり名前を呼んで連絡をするほうが繋いでいただける確率がぐっとあがります。

「すいません」を連発していた。

下手に出すぎてしまい特に必要ないところでもすいません。といっていました。

そうすると相手が話を聞こうとする気持ちがなくなってしまうようですぐ切られてしまうことに気がつきました。

丁寧な言葉遣いで話すのは重要ですが商品に自信がなさそうに話すのではなく、あなたにとって有益な情報をご紹介差し上げる。というくらいの気持ちが大事だと思います。

あっさり引きすぎていた。

「今やるつもりはないから」「そうなんですね。お忙しいところ失礼いたしました」
で終わってしまうこともしばしば・・・

それを「資料だけでも送らせてください」「役に立つ資料なのでぜひ」という具合に話してみると
「資料だけならいいですよ」という回答が返ってくる確立が格段に上がります。

資料を送れたらもう一度連絡できるチャンスができます。

まとめ

上手くいくときは事前準備がしっかりできていて堂々と対等なお話ができ、いい意味でしつこくできたときだなと思います。
私もまだまだテレマ初心者です。
改善するべきところはどんどん改善していきたいと思います。

2015.01.17

「モチベーション」と「やる気」の大きな違いとは?

長岡@ホームページ&クラウド応援隊長です。

先日、社内で今年のイベント計画について話し合いをしました。

その中で、大きなイベントをどのような形でやるかという議論になりました。

 

イベントは、開催前に、成功か失敗かが半分以上、ほぼ8割がた決まります。

多くの人は、イベントをやって、「よ~し、このイベントをきっかけに弾みをつけるぞ~!」と思います。

でも、イベントは、開催するまでが重要

イベント企画を通して、チーム一丸、力を合わせられる強いチームを作り上げられるかどうか。

何のために、イベントをやるのか?

どんな人に、イベントに来ていただくか?

”その目的に合った”人たちに、たくさん来ていただけるだけの関係作りができているのか?

 

仕事は、段取り8割といいますが、イベントもまったく同じ。

イベントをやるという華やかな舞台というのは、地域の人たちとの地道な関係作りとセットです。

それらをなしに、ただイベントだけを単独で考えるならば、そのイベントは失敗するでしょう。

たとえ、人がたくさんきたとしても、目的は達しない。

いや、そもそも、イベントの目的が設定されていなければ、達しようがない。

開催だけして、「あ~、たくさん来てくれてよかったよかった」

これでは、タダのお祭りになってしまう。

 

先日、ネットの記事で、

”星野リゾートの事例で考える「モチベーション」と「やる気」の大きな違い”

というものが出ていました。

 

その記事によると、「やる気」というのは欲求や意欲、つまり、「やりたい!やりましょう!」という気持ちだが、モチベーションは、「欲求が具体的行動にいたるまでの持続的なプロセス」なのだそうです。

つまり、”具体的行動”があり、それが”持続的”であること、これがモチベーションが高いということなのだそうです。

 

社長である私が、そもそも飽きっぽくていろんなことに手を出してしまうリーダーなので、うちの会社は、地道な行動の継続が苦手です。

B2B企業である私たちアーティスティックスでは、イベント開催するということは、つまり地域の多くの経営者と、新たな接触を作り、関係を深くし、イベントに来ていただけるような関係育成を地道にやり続ける、地味で手間がかかることをやり続けるというモチベーションの高い会社であり続けなければならない。

これと、イベントをセットでやることが必要であり、成功の鍵であり、地域の人たちに、より役立つことであり、地域に必要とされる会社になり、ひいては会社も社員も地域企業も「共に成長」という当社の理念に近づくことになります。

 


カレンダー

«11月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

ブログ内検索

Copyright (C) 株式会社アーティスティックス All Rights Reserved.